海外のホテルで注意したい服装に関するマナー

世界と日本の考え方の違いは服装でもわかる

旅行先の国の下調べは必要

ホテルに到着した時から始まっている

高級ホテルを利用する際に海外ではドレスコードは必要不可欠になっています。
これはどこかに注意書きで貼られているわけではなく、暗黙の了解として皆、当たり前のようにドレスコードを理解しています。
ホテルのドレスコードはホテルに到着した時から始まっています。
ホテルにどのような手段で来るかは関係ないと思いますよね?
いえ、もうホテル側のチェックは始まっているのです。
徒歩で重たい荷物をガラガラと押してくるのはダメなのです。
車を横づけし、さっそうと登場するのが正解なのです。
いかにもお金持ちだという雰囲気を出すという事です。
そしてフロントに行くまでに荷物はホテルの人に預けることが大事で、自分で持っていたら、逆に目立ってしまうかもしれません。

どんな服を選ぶのが正解なのか

ホテルのドレスコードは基本的にホテルの雰囲気に合わせる必要があります。
日本は割とお客様が居心地よく宿泊できるように、お客様の事を考えたコースやコンセプトで出迎えるという考えのホテルが多いのですが、海外の高級ホテルともなると、ホテルのコンセプトに合わせるのが暗黙のルールなのです。
頻繁にホテルを利用している人は別ですが、初めて利用する方は、どのような服装が好ましいのかわからない場合は、インターネットでのホームページなどで確認をするとすぐアドバイスをもらう事ができるでしょう。
そしてディナーやカジノなども、雰囲気がありますので、その雰囲気に合った衣装を着る必要があります。
高級ホテルでは常にファッションに気を使わなければいけないという事になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る