海外のホテルで注意したい服装に関するマナー

世界と日本の考え方の違いは服装でもわかる

気を付けるべき事はホテルだけではない

アクセサリー小物も忘れずに

洋服に気を取られてついつい忘れがちなのが、小物やアクセサリーです。
実際にドレスに合った小物やアクセサリーを選ぶのは、素人にはなかなかできないものです。
雑誌などで載っていた服を同じように着こなしたい場合もなかなかうまくいかなかったりする事よくあると思います。
ほとんどのホテルはアクセサリーや小物がなくても宿泊することができます。
しかし一部のホテルはトータルビューティーでなければ宿泊は難しいなどとても厳しいホテルもありますので、気を付けた方が良いでしょう。
しかし海外旅行にふらっと行く程度の旅行の予算にあった宿泊先のホテルでは、ドレスコードはないと思ってよいと思います。
安心して海外旅行を楽しんだほうがよいでしょう。

服装を気にするのはホテルだけではない

服装を気にするのはホテルだけでは決してないです。
レストランは特に衣装をチェックされることは海外では珍しくはありません。
日本ではどのような格好でも気軽に入れる飲食店が多いですから、ドレスコードがある飲食店は特別な日に行くか行かないか程度ですよね。
高級なホテルやレストランに頻繁に行く富裕層の人たちは慣れているので、困ることは無いと思いますが、初めていった国で容姿について気にしたこともない人が多いでしょう。
その国の民族衣装が売られていることもよくありますが、民族衣装も着方があるので、興味本位で着てしまうと、旅行先の国の人が不快に思ってしまい、場合によっては危険な思いをしてしまう事もう事もありますので気を付けましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る